TV番組 美容・健康

【バゲット】医師が教える正しい呼吸法のやり方・肩こり・便秘・ぽっこりお腹改善!

2020年8月13日放送の「バゲット」では医師が教える正しい呼吸法について紹介されました。

こちらでは、正しい呼吸法のやり方と効果についてまとめています。

山王病院・呼吸器センター長の奥中哲弥先生が正しい呼吸法とその効果について教えてくれました。

現代人はスマホなどの影響でおよそ8割がストレートネックだそうです。

普段、考えることなくしている呼吸ですが、正しい呼吸法を知って生活改善に役立てたいですね。

ぜひご参考にしてくださいね。

画像出典:バゲット

正しくない呼吸法とは?

浅い呼吸が正しくない呼吸です。

その原因の一つがストレートネック。

ストレートネックの原因の一つがスマートフォン!

長時間スマートフォンの画面を見ることで首を前に出した姿勢が癖になりストレートネックに。

注意

ストレートネックの場合、肺が圧迫されて呼吸に関わる筋肉がスムーズに動かない。

前屈みの状態では通常の呼吸の20%低下する。

ストレートネックで起こる症状とは?

呼吸が浅いために酸素が体の隅々まで行き渡らない。

つまり・・・

肩こり・冷え性が起きるのです。

呼吸が浅いと横隔膜の動きが鈍くなり、自立神経の働きが低下する。

つまり・・・

不眠や便秘の原因に、代謝が悪くなるのでぽっこりお腹の原因にも!

正しい呼吸法とは

ポイント

  • 鼻呼吸
  • 息を吐ききる

鼻呼吸をすると、空気中の有害物質が体内に入るのを防ぐ。

鼻の奥にある粘膜や鼻毛が細菌やウイルスをキャッチ!

正しい呼吸の方法

1.体をリラックスさせた状態で、7〜8秒かけて鼻から息を吐く。

2.吐き終わったと思ったところからさらに吐いて、吐ききる。

3.5秒かけて鼻から息を吸う。

入浴時やテレビを見ている時などになるべく多く行うようにしましょう。

肩甲骨と呼吸筋をほぐす呼吸の方法は?

ボールを抱くポーズ

1.足を肩幅に開き、息を吐きながら背中を丸めて腰を落とす。

2.腕で輪を作り10秒かけて息を吐き、息を吸いながら元のポーズに戻す。

肩甲骨を剥がすようなイメージで。

3.10秒かけて息を吐きながら上半身を右にひねり、吸いながら元に戻す。

4.反対側も同じように。

メモ

息を吐くことでセロトニンが分泌されてリラックス効果もある。

鼻歌も効果的。横隔膜が鍛えられすそうです。

ゆっくりと一息で長く歌うのがポイント。

【バゲット】医師が教える正しい呼吸法のやり方・肩こり・便秘・ぽっこりお腹改善!まとめ

「バゲット」で放送された医師が教える正しい呼吸の方法をまとめました。

普段気にせずしている呼吸でも体への影響がこんなに違うんですね。

ストレートネックも8割というのは驚きでした。

ちょっとした隙間時間に、正しい呼吸法を取り入れて見たいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-TV番組, 美容・健康

Copyright© destiny life  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.