レシピ

【きょうの料理】 豚の角煮の作り方。プロ直伝!

2023年年2月14日、きょうの料理・「 豚の角煮」のレシピ。

難しいイメージの豚の角煮も、手順は焼く、下ゆでする、煮るとシンプル!

講師は渋谷区の和食店店主の前沢リカさん。

和食ならではの丁寧な下ごしらえを教えてくれました。

それぞれの工程のコツを掴めば、トロトロの絶品角煮の出来上がりです。

ご飯が進みそうですね。

ぜひ作ってみてくださいね。

画像出典:きょうの料理

check

旬の野菜やこだわり食材が生産者から直接届く!

新鮮な食材で美味しい食卓を!

国内No.1産直ECサイト【食べチョク】で農家漁師のこだわり食材を注文する

 豚の角煮

画像出典:きょうの料理

材料

ポイント

  • 豚バラ肉(塊) 1kg
  • しょうが(薄切り) 3~4枚
  • ねぎ(青い部分でも白い部分でもよい。長ければ切る) 20cm
  • 八丁みそ 30g
  • ほうれんそう(または好みの青菜) 1/2ワ(150g)
  • サラダ油
  • 酢(あれば米酢)

【A】

  • 水 カップ4
  • 酒 カップ 1/4

【B】

  • ざらめ糖(または好みの砂糖) 80g
  • しょうゆ 大さじ2

作り方

作り方

  • 豚肉を焼く 豚肉は厚い膜や余分な脂を取り除き、4cm厚さに切る。フライパン(直径24~26cm)にサラダ油(大さじ2)を中火で熱し、豚肉を脂側を下にして焼く。こんがりと焼き色がついて脂が出てきたら上下を返し、うっすらと焼き色をつける。[側面も同様にうっすらと焼き色をつける。 側面以外は焼きすぎると表面が堅くなるので注意。 豚肉の下処理:身側にある厚い膜と余分な脂をそぎ取る。 脂側の脂が厚い場合は、少しそぐとすっきり仕上がる]
  • 豚肉を下ゆでする 鍋に1を入れ、かぶるくらいの水、しょうが、ねぎを加えて中火にかける。10分間ほどして、水面から湯気が出て、小さな泡が立ちはじめたら火を弱める。この状態を保つ火加減で、豚肉が水面から出ないようにオーブン用の紙で落としぶたをして、1時間30分ほどじっくりとゆでる。[ 豚肉が水面から出ると乾いて堅くなるので、落としぶたをする。グラグラ煮立たせないように注意]
  • たっぷりのぬるま湯(約40℃)をはったボウルに2の豚肉を入れ、やさしく洗って表面の脂を取り除く。豚肉をそっと取り出してざるに上げ、水けをきる。 [この状態でゆで豚として楽しめ、保存もできる。冷めたら食べやすく薄切りにし、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で約3週間保存可能]
  • 豚肉を煮る 別の鍋に豚肉と【A】を入れて中火にかける。煮立ちはじめたら【B】を加え、軽く混ぜる。再び煮立ちはじめたら新しいオーブン用の紙で落としぶたをし、肉が躍らない程度の火加減でコトコトと30分間ほど煮る。 [グラグラと煮立たせない火加減を保つ]
  • 煮汁をカップ1/4ほど取り分け、八丁みそを耐熱のゴムべらで溶き混ぜる。
  • 鍋に5を戻し入れてオーブン用の紙で落としぶたをし、10分間ほど煮て火から下ろす。 [冷めたら煮汁ごと清潔な保存容器に入れ、冷蔵庫で3~4日間、煮汁ごと冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で約3週間保存可能]
  • 食べる分の豚肉と煮汁適量を小鍋に入れて中火にかける。煮汁が煮詰まってきたら、鍋を揺すって豚肉にからめ、トロリとするまで煮る。ほうれんそうは熱湯でサッとゆでて水けを絞り、食べやすい長さに切って酢少々をからめ、豚の角煮とともに器に盛れば完成!

 

まとめ

きょうの料理「 豚の角煮のレシピ」をご紹介しました。

ぜひご参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

きょうの料理2月号に紹介したレシピが掲載されています。

番組で放送されていないレシピも掲載がありますよ。

「きょうの料理」の本が定額で読める電子書籍読み放題サービス

700冊以上の雑誌が読み放題!!

初回無料期間が31日もあるのでゆっくり検討できます!

他の雑誌も読むなら!月額料金を払うだけで様々な電子書籍を読める読み放題サービス

買わないまでもついでに読みたい雑誌があでば断然お得!検索してみては!

管理人
当サイトではお料理のレシピや美容・ダイエット記事などを多数ご紹介しています。

こちらもぜひご参考にしてくださいね

レシピ記事一覧へ

美容・ダイエット記事一覧へ

番組紹介

NHK  21時〜

番組誕生から66年!

簡単でお家で作れる絶品レシピを教えてくれる長寿番組

-レシピ

Copyright© destiny life  , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.