レシピ

【きょうの料理】フライパンローストビーフの作り方・失敗なしのレシピを栗原はるみさんが伝授!

2020年12月2日のきょうの料理で放送された「フライパンでローストビーフ」の作り方をご紹介します。

今回は栗原はるみさんが、これからの季節にぴったりの失敗しない簡単ローストビーフの作り方を教えてくれました。

ローストビーフは手間のかかるお料理ですが、栗原はるみさんはフライパン一つで作ってしまいます!

これは必見レシピですよ!

食べ方にも工夫があって、まずはステーキのように厚めに切って赤ワインソースで!

次に薄く切って野菜を巻いて、みそさんしょうソースをつけて和風の味わいに!

クリスマスでもお正月でも、テーブルが華やかになるローストビーフ。

ぜひご家庭で作ってみてくださいね。

合わせて読みたい

きょうの料理のレシピを多数ご紹介しています。こちらもぜひご参考にしてくださいね。

きょうの料理レシピ一覧へ

 

 

ローストビーフ

材料

材料

  • 牛肉(ももまたは肩ロース/塊/常温に戻す) 600g
  • 赤ワインソース          ※下記参照適量
  • みそさんしょうソース       ※下記参照適量
  • かぶ               適量
  • きゅうり             適量
  • ねぎ               適量
  • 塩                小さじ1
  • こしょう             少々
  • サラダ油             少々
  • オリーブ油            少々
  • 黒こしょう            少々

◆赤ワインソース◆
材料(つくりやすい分量)とつくり方
小鍋に赤ワインカップ1を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にして約半量になるまで10~15分間煮詰める。火を止めて粗熱を取り、ブルーベリージャム大さじ3~4、しょうゆ小さじ1/2~1を加えて混ぜる。

◆みそさんしょうソース◆
材料(つくりやすい分量)とつくり方
小鍋に白みそ・みそ各大さじ3、酒・みりん各大さじ2を入れて中火にかける。煮立ったら砂糖小さじ1~2を加えて火を止める。刻んだ実ざんしょうのつくだ煮大さじ1を加えて混ぜる。

作り方

ポイント

  • 牛肉は常温に戻しましょう!
  • 牛肉は側面まで、まんべんなく丁寧に焼きつける。

  • 焼き時間は、肉の大きさや形によって調整する。焼いてから休ませて、余熱でしっとりさせる。

作り方

  • 牛肉全体に塩をまぶしてもみ込み、こしょうをまぶして約5分間おく。
  • 深めのフライパンにサラダ油を熱し、強火(脂の多い肉の場合は中火~強火)で牛肉を焼きつける。
  • 全面に焼き色がついたら弱火にしてふたをし、5~8分間蒸し焼きにする。上下を返してふたをしたまま、さらに5~8分間焼いたら、火を止めて取り出す。アルミ箔(はく)に包み、約10分間休ませる。
  • かぶを皮付きのまま四~六つ割りにし、オリーブ油を熱したフライパンで焼きつける。ローストビーフを厚めに切って器に盛り、かぶを添えて赤ワインソースをかける。好みで黒こしょうをふる。(赤ワインソースの場合)
  • きゅうりは5~6cm長さの細切りにし、ねぎは5~6cm長さのせん切りにし、水にさらして水けを拭く(白髪ねぎ)。ローストビーフを薄切りにして器に盛り、きゅうり、ねぎ、みそさんしょうソースを巻いて食べる。(みそさんしょうソースの場合)

アレンジレシピは?

◎ローストビーフをサンドイッチに
軽くトーストした食パンにバターと和がらしを塗り、ローストビーフを並べて塩、こしょうをふり、もう1枚の食パンでサンドするだけ。ローストビーフはちょっと厚めに切ったほうがジューシーでおいしい。

◎ローストビーフ丼
薄切りにして温かいご飯にのせ、わさびじょうゆをかける。

栗原はるみさんの人気レシピ本

栗原はるみharu_mi 2021年1月号【雑誌】【1000円以上送料無料】
価格:1029円(税込、送料無料) (2020/12/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

まとめ

きょうの料理で紹介された栗原はるみさんのローストビーフの作り方をご紹介しました。

お家でローストビーフが出てくるなんて素敵ですよね。

ぜひご参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 



-レシピ

Copyright© destiny life  , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.