レシピ

【きょうの料理】ひな手まり寿司の作り方|すし飯を美味しく作るポイントも伝授!お祝いごとにぴったりの華やかなお寿司

寿司

2022年2月21日、きょうの料理「ひな手まり寿司」のレシピはこちら。

桃の節句やお祝いごとにぴったりな丸くてコロンとした可愛い手まり寿司のレシピを料理研究家の後藤加寿子さんが伝授!

べちゃっとなりがちなすし飯を美味しく仕上げるコツも伝授!

彩ら鮮やかで、食卓がパッと華やかになって春を感じますね。

お子様も喜んで食べてくれそうです。

ぜひ作ってみてくださいね。

材料

材料(4人分)

【すし飯】

  • 米⋯360ml(2合)

【A】

  • 昆布(5cm四方)⋯1枚
  • 酒⋯大さじ1
  • 水⋯360ml

【B】

  • 酢⋯大さじ4
  • 砂糖⋯大さじ1と1/2
  • 塩⋯小さじ1

【手まりずし用】

  • まぐろ(刺身)⋯8切れ(100g)
  • たい(刺身)⋯8切れ(100g)
  • わさび(すりおろす)・木の芽⋯各適量

【茶巾寿司用】

  • 卵⋯2コ
  • ちりめんざんしょう(市販)⋯大さじ1〜2
  • みつば(サッとゆでる)⋯4本
  • しょうがの甘酢漬け⋯適量
  • 砂糖・塩・かたくり粉・サラダ油

作り方

1、米は洗ってざるに上げ、30分間ほどおく。炊飯器の内釜に入れてAを加え、ざっと混ぜてすぐに炊く。
2、すし酢をつくる。耐熱容器に酢、砂糖、塩を入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に20秒間かけ、よく混ぜる。

ポイント

加熱して砂糖を溶かし、酢の酸味をまろやかに!

3、調理台にラップを50~60cm幅に広げて敷く。同じ幅のラップをもう1枚、少し重ねて上に広げ、正方形にする。1が炊けたら、ラップの中央にのせ、2を回しかける。

4、しゃもじで切るように混ぜて1cmほどの厚さに広げ、うちわであおいで余分な水分をとばす。

5、酢飯のうち120gにちりめんざんしょうを加えて混ぜ、4等分にして丸める(茶巾ずし用)。残りは30gずつ丸める(手まりずし用)。

6、薄焼き卵をつくる、ボウルに卵を割りほぐし、砂糖小さじ1、塩少々を加え、かたくり粉小さじ1/2を倍量の水で溶いて加える。よく混ぜてこし器でこす。

7、表面加工のしてあるフライパン(直径20cm)にサラダ油少々を弱めの中火で熱し、卵液の1/4量を流す。表面が乾いてきたら上下を返し、反対側もサッと焼いて冷ます。残りも同様にし、計4枚焼いて冷ます。

8、手まりずしをつくる、手のひらにラップを広げて刺身を置き、わさび少々(たいにはわさび少々と木の芽)をのせる。手まりずし用のすし飯をのせてラップで包み、ひねって丸く整える

後藤加寿子さんのレシピ本

 

まとめ

きょうの料理「後藤加寿子さんの春ちらし寿司」をご紹介しました。

ぜひご参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

管理人
当サイトではお料理のレシピや美容・ダイエット記事などを多数ご紹介しています。

こちらもぜひご参考にしてくださいね

レシピ記事一覧へ

美容・ダイエット記事一覧へ

番組紹介

NHK  21時〜

番組誕生から64年!

簡単でお家で作れる絶品レシピを教えてくれる長寿番組

 

 

 

-レシピ

Copyright© destiny life  , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.