レシピ

【きょうの料理】アクアパッツァの作り方|プロ直伝!イタリアンの巨匠・日高良実シェフ

アクアパッツァ

2022年4月19日放送の、きょうの料理 プロ直伝!「アクアパッツァ」のレシピをご紹介します。

今日教えてくれたのは、イタリアの豪快な漁師料理「アクアパッツァ」& 手軽な前菜「ミニトマトのタルタルディップ」。

絶品アクアパッツアの付け合わせに最高のお手軽な前菜のレシピです。

アクアパッツアでは、イタリアンの巨匠・日高良実シェフに「目からウロコ」のプロの技を教わります!

日本の家庭でもつくりやすいレシピを研究た日髙流の「アクアパッツァ」のレシピは必見!

最小限の材料で旨味を最大限に引き出すコツも伝授!

ぜひご参考にしてくださいね。

画像出典:きょうの料理

材料

材料(2〜3人分)

  • たい(真だい) 1匹(500g)[真だいのほか、ちだい、めばる、かさごなどでもよい]
  • あさり(砂抜きし、殻をこすり合わせてよく洗う) 8コ(200g)
  • ミニトマト(横半分に切る) 10コ分(70g)
  • イタリアンパセリ(みじん切り) 適量
  • 塩 適量
  • オリーブ油 適量(分量は作り方参照)

【家庭のフライパン(直径24〜26cm)では、300g程度の魚を選ぶとつくりやすい(約2人分)】

作り方

作り方

【魚の下処理をする】

  • 料理ばさみで魚の尾やヒレを切り落とす
  • ウロコや内臓は処理済みの魚を使用する
  • 身が厚い場合は、背上部に切り目を入れる(ポイント1)
  • 裏面も同様にし、全体に塩をふる(切り目の中にも忘れずに塩をふる)

【魚に焼き色をつける】

  • フライパンを熱してオリーブ油(大さじ1〜2)を入れ、表になる面を下にして魚を弱火で焼く
  • 途中魚を傾け、背や腹の部分もしっかりと焼く(ポイント2)
  • こんがりとした焼き色がついたら上下を返し、裏面も同様に焼く(ポイント3)

【魚を煮る】

  • フライパンに水をヒタヒタに加え、強火で煮立たせる(ポイント4)
  • 煮汁をすくって絶えず魚に回しかける
  • 煮汁が少なくなってきたら水適宜を足し、ヒタヒタの量を保ちながら煮立たせる
  • 魚に火が通ったらあさりを加え、引き続き煮汁を回しかける
  • あさりの口が開いたら、ミニトマトを加えてサッと混ぜる(ポイント5)
  • オリーブ油(70〜80ml)を加え、煮汁とともに魚に回しかける(オリーブ油の量は煮汁の1/6〜1/4が目安)(ポイント6)
  • 煮汁が乳化して白っぽくなったら、イタリアンパセリを加え、サッと混ぜて火を止める
  • 煮汁約2/3量とともに器に盛れば完成!

ポイント

  • 切り目を入れると火が通りやすくなり、塩みもしっかりとつく
  • フライ返しで魚を持ち上げて傾けながら、背や腹の部分も焼く
  • じっくり焼くと、皮と身の間の脂が香ばしく焼けて、うまみが引き出される
  • 強火で煮ると、身がふっくらと仕上がる
  • 生のミニトマトは煮くずれしやすいので、混ぜすぎに注意
  • オリーブ油は香りづけ程度ではなく、たっぷりと

たいの下処理がされていない場合

ウロコを包丁でこそげ取り、内臓とエラを取り除き、血合いや汚れが残らないようによく水洗いをして水けを拭く

画像出典:きょうの料理

同日放送の「ミニトマトのタルタルディップのレシピ」はこちら↓

【きょうの料理】たけのこのレシピ&下ごしらえまとめ|はじめての手仕事

2022年4月18日放送の、きょうの料理 山脇りこの「季節ごとの手仕事をわかりやすく伝えるシリーズ」のレシピをまとめてご紹介します。 教えてくれたのは、たけのこの下ごしらえ(ゆでかた) & た ...

続きを見る

日高良実さんの人気レシピ本

 

 

まとめ

きょうの料理「日高良実さんのレシピ」をご紹介しました。

ぜひご参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

管理人
当サイトではお料理のレシピや美容・ダイエット記事などを多数ご紹介しています。

こちらもぜひご参考にしてくださいね

レシピ記事一覧へ

美容・ダイエット記事一覧へ

番組紹介

NHK  21時〜

番組誕生から64年!

簡単でお家で作れる絶品レシピを教えてくれる長寿番組

-レシピ

Copyright© destiny life  , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.