レシピ

【きょうの料理】さんまご飯の作り方。プロ直伝!炊き込みご飯を極める

炊き込みご飯

2022年年11月15日、きょうの料理で紹介された、脇元かな子の「さんまご飯」のレシピ。

東京・神谷町で日本料理店を営む脇元かな子さんの、特別な日につくりたい「炊き込みご飯」のレシピです。

新米が美味しい季節にぴったりのレシピ。

ふっくらと美味しく炊き上げるコツは必見!

お弁当にやおにぎりにしても美味しいですね。

ぜひ作ってみてくださいね。

check

旬の野菜やこだわり食材が生産者から直接届く!

新鮮な食材で美味しい食卓を!

国内No.1産直ECサイト【食べチョク】で農家漁師のこだわり食材を注文する

さんまご飯

画像出典:きょうの料理

材料

材料(2人分)

  • 米 180ml(1合)
  • さんま 1匹(150g)
  • 昆布(8cm四方) 1枚(5g)
  • 削り節 2g
  • 細ねぎ(小口切り) 4〜5本分

【A】

  • うす口しょうゆ 大さじ1と1/3
  • みりん 大さじ1と1/3

作り方

ポイント

さんまの骨とワタからうまみが出るので、捨てずにだしに加える。

作り方

  • 米は洗ってボウルに入れ、たっぷりの水を注いで1時間以上浸水させる。ざるに上げて水けをしっかりときり、鍋に入れる。
  • さんまの両面に塩を1つまみずつふる。表面加工のしてあるフライパンに油をひかずにさんまを入れて中火にかけ、しっかりと焼き色がついたら上下を返し、両面をこんがりと焼く。
  • さんまの背と腹を箸ではさんで軽く押し、腹側から中骨に沿って箸を入れる。上身を外して中骨を頭と尾ごと取り、とっておく。身についた小骨とワタも丁寧に除き、とっておく。
  • 鍋に昆布、さんまの骨、頭、尾、ワタを入れて水(カップ2)を注ぎ、中火にかける。沸騰したら弱火にして10分間煮て、削り節を加えて1〜2分間煮る。目の細かいざるでこし、粗熱を取る。
  • 4の煮汁に水を加えて160mlにして(煮汁が多い場合は減らす)、【A】を加え、1の鍋に注ぐ。ふたをして強火にかけ、8分間を目安に沸騰させる。火を止め、そのまま12分間蒸らす。3のさんまの身と細ねぎをのせ、しゃもじで大きく混ぜ合わせる。

炊飯の鍋について

鍋で米を炊く場合は、厚手の鍋がおすすめ。脇元さんは炊飯専用の土鍋を使用。

各メーカーが推奨する炊飯時間で炊くとよい。

普通の鍋の場合は、米と水を入れてふたをし、弱めの中火で約5分間、強火で2~3分間かけて沸騰させ、ごく弱火で12分間炊く。火を止め、具をのせて混ぜる。

同日放送の【五目炊き込みご飯のレシピ】はこちら

炊き込みご飯
【きょうの料理】五目炊き込みご飯の作り方。プロ直伝!炊き込みご飯を極める

2022年年11月15日、きょうの料理で紹介された、脇元かな子の「五目炊き込みご飯」のレシピ。 東京・神谷町で日本料理店を営む脇元かな子さんの、特別な日につくりたい「炊き込みご飯」のレシピです。 新米 ...

続きを見る

 

まとめ

きょうの料理「プロ直伝!炊き込みご飯のレシピ」をご紹介しました。

ぜひご参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

きょうの料理11月号に紹介したレシピが掲載されています。

番組で放送されていないレシピも掲載がありますよ。

「きょうの料理」の本が定額で読める電子書籍読み放題サービス

700冊以上の雑誌が読み放題!!

初回無料期間が31日もあるのでゆっくり検討できます!

他の雑誌も読むなら!月額料金を払うだけで様々な電子書籍を読める読み放題サービス

買わないまでもついでに読みたい雑誌があでば断然お得!検索してみては!

管理人
当サイトではお料理のレシピや美容・ダイエット記事などを多数ご紹介しています。

こちらもぜひご参考にしてくださいね

レシピ記事一覧へ

美容・ダイエット記事一覧へ

番組紹介

NHK  21時〜

番組誕生から64年!

簡単でお家で作れる絶品レシピを教えてくれる長寿番組

-レシピ

Copyright© destiny life  , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.