レシピ

【グレーテルのかまど】101歳のわらび餅の作り方。ひんやりつるるん、ぷるんとした絶品の味

スイーツ

2022年9月19日放送のグレーテルのかまどの「101歳のわらび餅のレシピ」。

ひんやり、つるるん、ぷるんとした口当たりが夏のおやつにぴったり。

淡路島でわらび餅を屋台で売り歩いているのは、なんと101歳の川西俊一さん。

70年以上も手作りにこだわった味を家庭で再現できるレシピです。

ぜひ作ってみてくださいね。

check

旬の野菜やこだわり食材が生産者から直接届く!

新鮮な食材で美味しい食卓を!

国内No.1産直ECサイト【食べチョク】で農家漁師のこだわり食材を注文する

101歳のわらび餅

画像出典:グレーテルのかまど

材料

わらび餅生地

  • わらび餅粉  100g
  • 上白糖  200g
  • 水  300ml
  • 熱湯  200ml
  • きな粉 適量

【黒みつ】

  • 黒砂糖 50g  ざるでこしておく
  • グラニュー糖  15g 上白糖でも可
  • 水  40ml

作り方

作り方

  • わらび餅粉に1/3量の水を入れて溶き、こしながら鍋に入れる。残りの水で器についたわらび餅粉をすすぎ、こしながら鍋に加える。
  • 上白糖を加え、全体がなじむように混ぜ、中火にかける。
  • 鍋底と鍋肌は焦げやすいので、しっかり混ぜながら練る。鍋底からのり状のかたまりが出てきたら、分量の熱湯を一気に加える。
  • とろみがつく状態まで練る。
  • 艶と粘りが出たら、さらに1分程、透明感が出るまで、鍋底からよく練って混ぜ合わせる。※焦げないように注意する
  • 絞り袋に入れて、氷水の中で好みの大きさに絞り、指先でちぎる。※絞り袋が熱いので、厚手の手袋をつけ、やけどに注意する
  • 鍋に黒砂糖、グラニュー糖、水を入れ沸騰させる。
  • 茶こしでこし、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  • ステップ6が完全に冷めたら、ざるに引き上げ、水気を 切って、きなこをまぶして出来上がり。 黒蜜を添えて出す。

まとめ

グレーテルのかまどで紹介された「101歳のわらび餅のレシピ」をご案内しました。

ぜひご参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

管理人
当サイトではお料理のレシピや美容・ダイエット記事などを多数ご紹介しています。

こちらもぜひご参考にしてくださいね

レシピ記事一覧へ

美容・ダイエット記事一覧へ

-レシピ

Copyright© destiny life  , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.